シニアの活用

元気なうちは働きたい!
今時のシニア就活事情

今、55 歳以上のシニアの就職・転職活動が活発です。
「年金だけでは老後の生活に不安があるから働きたい」という方、「長年勤め上げた会社でのスキルを老後も活かしたい」という方、「人と人とのつながりを感じていたい」という方など理由は一人ひとり異なりますが、「社会の中で役に立つことで生きがいを感じられる!」という声はみなさん共通のよう。
しかし、いざ就職活動を始められると、戸惑いもいっぱい。なかなか就職が決まらなかったり、 就職しても思い描いた働き方ができなかったり。
その要因の一つに今、世の中が必要としているものを知らない、 という求職者側の情報不足があげられます。 また、自分の強みや弱みを客観的に見ることができないということも。

働きたい、それとも働かざるを得ない?
ますます増える、シニアの労働力人口。

高齢者の人口が増加すれば、労働力人口が増えるのは当たり前。
内閣府が調査する最新版の「高齢社会白書」によると、55 歳以上の労働力人口は全体の29.1% で、15 歳~ 34 歳の25.5% を上回っています。
また、平成25 年4 月1 日より「改正高年齢者雇用安定法」が施行され、本人の希望があれば60 歳の定年を延長し、65 歳まで会社で勤務できるようになりました。働くシニアの労働力が日本の経済を左右する。そう言っても過言ではないのです。

シニアの就活

ユメコムでは、シルバー人材センターとのタイアップにより、企業にマッチしたシニア人材の発掘と採用を実現します。

シニアの就活について詳細はこちら

お問い合わせ

「仕事と介護の両立」「介護離職」「介護・福祉事業」「シニア世代の活用」
その他お気軽にお問い合わせください。
平日/9:00~18:00 土曜/9:00~17:00 定休日/日・祝・年末年始

お電話の方はこちら 075-254-2233